飼育していく中で、レオパはなんらかの意思表示をすることがあります。


・尻尾を振る

敵を威嚇する時やエサに食らいつく時に、興奮状態になり、尻尾を立て、横に激しく振ることがあります。飼い主に対してそのような攻撃的態度をとることはほとんどありません。



・目を見開いて近寄ってくる。

目を大きくあけて見つめてくることがあります。これは、動くものに反応していると考えられています。レオパは自然界において、基本的に生きている昆虫などを食べます。なので、ケージの前で作業を行うとそれに反応することもあります。あとは、自身の体験なのですが、エサを容器から取り出すときに、その動作をしただけでめちゃめちゃ見つめて近寄ってきます(笑)。


IMG_E0983


・エサを拒む

拒食状態、おなかがすいていない、エサの好き嫌いがある、以前無理やり食べさせてしまった、などが考えられます。食事に関しては結構デリケートなので、ある程度注意が必要となります。顔の前に近づけてもそっぽを向いたりします。



・シェルターから出てこない

ただ寝てるだけ、警戒していることが考えられます。



・くしゃみ


レオパはたまにくしゃみをします。部屋をきれいにしておくことも大切かもしれません。


・鳴く

警戒している時に鳴くことがあります。特に、ついつい可愛いからといって、無理やり体を動かそうとすると嫌がります。



実際に飼い始めて気づいたこともあって、なんか、人間っぽいなって思いました。


>メイン画面に戻る